精密機械たちの大まかな分類とその用途とは

昔は家具や家電等身の回りのもの大きかった

一昔前には身の回りの家具や家電製品などは結構大きさのあるものだった思いますが、最近は技術の進歩によってすべてのものが小型化されていてどんどん小さくなっています。
最たるものには家電製品が挙げられるかと思いますが、特にテレビや携帯電話は非常に小型になっており昔のものと比べると別物といった感がします。
すると我々の生活様式もどんどん変化していって、家具などにあまりスペースを取られなくても生活が可能になりましたが、逆に持ち物は増えたような感じがします。
ただ携帯電話が更にスマートフォンとして進化したため人間の行動範囲は狭くなっていきその場ですべてが完結するため、ちかごろの人間はあまり歩かなくなったとも言われております。

最近になって目立つ身の回りのものの小型化

現在は携帯電話に象徴されるようにすべての者達が小型化されており、それは最近になって目立ちだしたように感じます。
その小型化に応じて私達の生活も変化を遂げ、生活のほとんどがスマートフォンなどの端末で済んでしまうようになってきました。
財布も持たなくなり、現金も持たずすべての買い物や身分証明などがスマホ一台で済む時代にはいりつつあるのです。
世界中がそういった端末ですべてを済ませる時代になり、現金を持つ人は十何年後にはいなくなるとまで言われている状況です。
そのうち携帯電話は手荷物物ではなく身に着けるものになるといわれており、iwacthに代表される腕時計のように身に付けてすべての事が行えるツールに集約されるであろうといわれております。


▲ TOPへ戻る