精密機械の分類とその用途とは

精密機械ってどのような分類になるのか

では精密機械とはどのようなものをさしているものなのでしょうか。
一般的な意味合いとしては製作誤差の範囲が極めて小さく制度の高い機械の総称として呼ばれています。
大きく分類されるところとしては飛行機の部品、船舶の重要部品、医療施設の精密部など大型のものから医療治療機器、カメラ類、時計、パソコンなどの精密部品を搭載したもので小型な物も精密機械の名称で呼ばれます。現在の機械技術の大幅な進化と成熟で現在の重要と思われる機械類の部品には精密部品が入っていないものはないのではないかと思われるほど精密部品の貢献度は高くなっていると思います。
この傾向は今後も続き、更なる背密な部品たちが世界の工業を支えていくことでしょう。

精密機械とその欠かせない重要な用途

そして重要な存在である精密機械の用途には一体どのようなものがあるでしょうか。
まず上げられるのは観察の分野でしょうか。
顕微鏡に始まりX線CT機器、マイクロスコープにパソコンとリンクしたレーザー顕微鏡まで観察分野は精密機械の宝庫ですね。
そして測定の分野では二次元、三次元物体測定器や非接触型計測機器、CNC画像測定器まで専門的な分野での測定技術に応用されています。
分析の分野では膜厚計や二次元複屈折評価装置など物質分析の分野で使用されています。
試験の世界では各種精密試験機などの活躍でプロ用の用途に使用されています。
そしてなんとおいったもカメラの分野では写真家用プロデジタルカメラや一般向けデジタルカメラ、医療用赤外線カメラやスロー撮影用のハイスピードカメラまでプロの現場で活躍するカメラを現在も支えています。
瀬光機械の私達の生活に対する重要性をもっと認識していったほうがよいと思います。


▲ TOPへ戻る